入会のご案内

あなたもChallengeしてみませんか?
新入会員募集中!!

2022年度 会員拡大委員会
委員長 西 田 志 穂

仕事が充実しているあなたこそ、入会をおすすめします。
多忙で和歌山青年会議所に参加する余裕がないと考えのあなたこそ、あえて入会をお勧めします。なぜなら青年会議所の会員は、あなたと同じ働き盛りの青年経済人で構成されています。青年会議所では、より効率的な時間の管理法を身につけ、さらに充実した時間を生み出すことを目指しています。まず月に一回の例会と委員会への参加というスケジュール調整からスタートしてみてください。

和歌山青年会議所は、大きな可能性に向けての自己投資です。
和歌山青年会議所に入会すれば、入会金や年会費が必要になります。しかし、参加すればするほど投資を上回る大きな収穫をもたらすのが青年会議所です。多くの青年会議所メンバーは時間と費用を自己投資として考えています。私達の住んでいる地域社会の発展を目指す活動を通して、統率力や指導力に磨きをかけること、和歌山青年会議所はもちろん全国に多くの仲間を作ることもできます。あなたの貴重な「投資」は、青年経済人であるあなたの将来に大きな可能性をもたらし得ると私達は考えています。


入会のおすすめ

理事長 辻 川 大 器

和歌山青年会議所は明るい豊かな和歌山市の創造を目標に活動しています。活動のなかにも色々あり、青少年育成事業のわんぱく相撲和歌山場所は継続事業として毎年行い、まちづくり事業ではその年で、地域にあった形で事業構築を行い、地域課題を見つけ出し、地域の発展に繋いでいきます。また対外向けの活動だけではなく月に一回開催される例会では、様々な講師による講演を聞き自己成長を求めます。例会の場はそれだけではなく会員と会員が交流することで会員同士の結束を高めます。会員数は100名程度在籍していて、在籍している会員の職種も様々で多様性のある団体です。多種多様な人財との出会いから共に自己成長を求められます。


現役・OBのコメント

①年齢 ②勤務先 ③入会して良かったこと・印象に残っていること

成 瀬 允 陽

①40歳(1981年生 OB)
②株式会社ナルセ
③入会のきっかけは2008年に青年会議所のOBでもある父親の勧めで入会をさせていただきました。青年会議所では地域の活性化や課題解決、青少年育成事業など様々な事業に取り組むことで、多くの知識や主体性と協調性を学ぶことができ自身の成長に大きく繋がりました。そして、活動を行う中でメンバーが一丸となり真剣に議論を交わし、たくさんの時間を共有することで、かけがえのない友情が育まれ一生のお付き合いができる多くの仲間ができたことが私にとっての宝物です。

山 中 敏 生

①37歳(1984年生)
②市議会議員
③入会のきっかけは学生時代の陸上部の先輩からお誘いをいただき、最初はとりあえず入ってみるかという感じでしたが、今年で3年目楽しく活動しています!入会して1番良かったと思うことは、新たな仲間ができたことです。大人になると仕事の繋がり等で知り合いは増えるかもしれませんが、友達・仲間が増える場面というのはなかなか無いと思います。私自身、仕事面で頼まれごとが多く先輩方には何度も助けていただく場面がありました。

上野山 真衣

①33歳(1988年生)
②メットライフ生命保険株式会社
③現在の職場でJCの存在を知り地域活性のために何かできることがあるのではないかと期待を胸に入会いたしました。活動において強く印象に残っている出来事は、普段では経験できない主催者側でのイベントの運営の中で、地域の人々の笑顔を間近でたくさん見ることができたことです。JCは仕事やプライベートでは交流することのない様々な業種や年齢の人達と出会え、人との繋がりだけではなく人間力を磨ける環境下で得ようと思えば何でも手に入れられる場所だと感じています。JCは自分の可能性への近道です。まずは一歩踏み出しませんか。


入会資格

(1)25才以上、37才以下であること。
 (2022年度は昭和60年1月1日以降、平成9年10月12日迄に生まれた方)
(2)勤務先、自宅住所のどちらかが和歌山市内にあること。
(3)青年会議所を利用して特定の思想、宗教の普及を図るなどの目的を持っていないこと。
※所定の手続きを経て入会の申し込みがあった場合であっても入会をご遠慮いただく場合もあり得ます。あらかじめご了解ください。

2022年度 入会案内パンフレット <クリックしてPDFを表示(1.1MB)>

和歌山JC公式SNS







最近の記事

記事アーカイブ

  1. ご案内

    2022年度のご挨拶 渉外交流委員会 生馬委員長
  2. 事業のご案内

    3月度例会~名刺交換会~のご案内
  3. ご案内

    2022年度のご挨拶 会員開発委員会 橋本委員長
  4. ご案内

    新春交歓会延期のお知らせ 
  5. ご案内

    2022年度のご挨拶 会員拡大委員会 西田委員長
PAGE TOP