委員会紹介

財政規則審査会議


議 長/片 山 朋 樹
副議長/新 家 賢 治
副議長/永 井 宏一郎
副議長/松 阪   考
副議長/湯 川 晋 吾
幹 事/髙 橋 宣 貴
委 員/青 木 正 浩
委 員/藤 田 隼 輝

議長基本方針

和歌山青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現という大きな目的に向けて先輩諸氏が地域に根付いた公益的な運動を展開し、地域からの共感を得て信頼を高めてきた組織です。脈々と受け継がれてきた伝統を守りながら、公正かつ適正な予算執行のもと、魅力ある運動を最大限に推し進めると同時に、法令遵守の意識が高まる社会情勢に適合した組織として社会に与える効果と市民からの信頼をさらに高める組織運営を行う必要があります。
まずは、市民の衆望に応えられる組織であり続けるために、過去の決算報告書から収支予算・決算を検証した上で透明性のあるLOM予算・決算の精査を行い、皆の有志で作られた貴重な財源を適正に運用し、地域社会への会計責任を果たすことで、地域からの信頼が高まります。そして、事業が持つポテンシャルを最大限に発揮するために、熱い想いを有する委員会と連携を図り、予算面から探究する心を持って事業構築の後方支援を行い、議案書の精査並びに委員会予算・決算を費用対効果と相対支出の観点で精査することで、事業収支が最適化されます。さらに、規律を備えた会員が地域のリーダーとして躍動するために、日々刻々と変化する法制度に対する情報の感度を高め、市民が安心して事業に参加することのできる規則・コンプライアンスの精査を行い、地域からの信頼を確立することで、運動の基盤が構築されます。また、審査時における精度と事業の予算執行の公正性を向上させるために、これまで培ってきた厳格な審査方法を引き継ぐとともに、予算書フォーマットの改善策を適宜採用することで、事業収支の費用対効果と整合性が高まります。
地域から信頼される法人格として自覚と責任を持ち、組織として、また一人の青年経済人として公正かつ適正な予算執行による組織運営のもと、法令遵守を重んじ規律を備えた会員の健全で魅力ある運動が市民の意識変革を起こし、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.LOM予算・決算の精査と検討
2.委員会予算・決算の精査と検討
3.議案書の精査
4.予算書フォーマットの研究
5.規則・コンプライアンスの精査と検討
6.一般社団法人格の財政面の研究
7.LOM財政の研究
8.その他

総務委員会


委員長 /橋 野   史
副委員長/辻 本 大 介
副委員長/寺 浦 允 登
副委員長/山 田 正 巳
幹  事/武 市 健 一
委  員/毛 満 勝 彦
委  員/齋 藤 剛 毅
委  員/佐 倉 浩 徳
委  員/林     久
委  員/前 田 真 吾
委  員/山 本 一 統

委員長基本方針

近年、SNSなどネット社会の急速な発達により、便利で手軽に相手とつながる手段が増え、グローバルなコミュニケーションが可能になる一方で、現実社会でのひととひとの関わりの希薄化が問題視されています。それは私たちの組織も例外ではなく、組織のスムーズな運営、徹底した管理、幅広い運動発信に向け、組織の根幹として密に連携を取り、縁の下の力持ちとなって全体の意識をひとつにし、確固たる基盤を形成していく必要があります。
まずは、我々の団体が目指す方向性をメンバー全員に指し示すために、厳粛かつ円滑な総会を運営し、組織としての方針や重要事項を決定することで、メンバー間の意識統一がなされます。そして、私たちの運動指針や規則を明確化しメンバー一人ひとりが共有するために、ガイドラインとなる基本資料を作成し、有益な参考資料として活用することで、メンバーが同じ方向を見据えて運動に取り組める礎となります。さらに、昨年度、私たちが展開してきた運動の成果と検証結果を今後の事業構築の参考とするために、綿密な事業・決算報告書を作成し引き継いでいくことで、今後の事業がより充実したものになります。また、事業計画における議案書の作成をより効率的かつ機能的にするために、一年を通して議案書フォーマットを研究・改善し、より多くの時間を事業運営に注力できる体制を整えることで、実りある事業を展開する一助となります。そして、組織の結束力を高めるために、仲間とかけがえのない時間を共有できるサマーコンファレンスLOMナイトを設営し、絆を深めることで、一層モチベーションが上がり、メンバー全員の一体感が生まれます。
規律と規範を兼ね備えた組織体制は、メンバー一人ひとりが最大限の力を発揮する地盤を作り、失敗を恐れず前に進み続ける心を育みます。何事にも挑戦する心を持ち、地域のためにすべきことを探究する組織の運動は、住み暮らす人の笑顔の花を咲かせ、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.総会の設営
2.基本資料の発行
3.事業・決算報告書の発行
4.議案書フォーマットの研究
5.会員台帳と会員の出欠管理
6.会員名簿の作成
7.サマコンのLOMナイトの設営
8.各種団体との窓口
9.他LOM等との窓口
10.各種大会登録のとりまとめ
11.その他

広報戦略委員会


委員長 /石 原 詢 二
副委員長/小 谷 亮 太
副委員長/千 賀 隆 平
副委員長/中 井 崇 義
幹  事/眞 下 雅 美
委  員/加 藤 真 也
委  員/柴 田 浩 幸
委  員/武 田 基 記
委  員/辻 本 和 也
委  員/平 山 正 人

委員長基本方針

インターネットの発達により、誰もが自由に情報を発信し、収集することができる時代になりました。その反面、インターネット上には膨大な情報が溢れることとなり、情報を発信する際にはターゲットとなる受信者に確実に到達するように多くの工夫を凝らすことが要求されます。我々は、市民に対し、青年会議所運動への共感の輪を広げるべく、運動の一挙手一投足やその場の臨場感が伝わるように情報を発信する手法を常に探究しなければなりません。
まずは、多くの市民に我々の運動の内容と意義を理解してもらうために、事業内容を正確かつ魅力的に発信するホームページを構築するとともに、ホームページをSNSとリンクしてホームコンテンツとして活用し、我々の運動の共感の輪が広がります。そして、現役会員、特別会員に留まることなく、関係諸団体に対して我々の日々の運動や役割を知ってもらうために、JCニュースを毎月発刊し、運動の報告に加え、内容を充実させた魅力的な記事、現場の臨場感を醸し出す洗練された写真を掲載し、世代や所属団体の垣根を超えて我々の運動への理解と支援につなげます。さらに、より幅広い層に我々の存在と運動を浸透させるために、公式キャラクター「わとらん」を活用して人々を惹きつける魅力的な情報発信を行い、今後活躍が期待される若年層や女性層に向けて幅広く我々の認知度を高めることで、地域に貢献する青年会議所運動への理解が深まり、市民の皆様との間に一体感が生まれます。また、和歌山市の魅力を市内外の方に広く知らしめるために、青年会議所が開催する各種大会において、和歌山市の全国に誇る豊かな地域資源を活用して直接体験できるブースを出展することで、和歌山市の地域活性化につながります。
我々、青年が市民に先駆けてひとを思い、運動の輪を広げ、その情熱を多くの市民に伝え、地域、世代の垣根を越えた幅広い層から多くの共感を得た我々が、笑顔や温もりを多くのひとに伝播させ、幸福感に満たされたまちを創出し、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.JCニュースの発刊
2.ホームページの企画と運営
3.各事業の記録と保存
4.公式キャラクターの発信
5.各種大会ブース出展の企画と運営
6.褒賞の申請及び関連作業
7.出向者支援
8.その他

例会委員会


委員長 /田 代 紘 規
副委員長/蔭 山 昌 平
副委員長/出 口 清 崇
副委員長/橋 本 浩 伸
幹  事/淺 野 史 郎
委  員/上 田 新 悟
委  員/片 山 雄 介
委  員/木 谷 洋 輔
委  員/橋 本 康 秀
委  員/花   静 人

委員長基本方針

私たちの住み暮らす和歌山市は産業の衰退に端を発し、若者世代を中心とした人口流出に伴い、人口減少や少子高齢化など多くの問題を抱えており、まちの未来が危ぶまれている今こそ、時代に則した柔軟な運動を展開しなければなりません。そこで私たち青年世代であるJAYCEEがまちを牽引する先駆者となり、地域に必要とされるリーダーとしての知識を深めるとともに資質を磨き、より一層強固な組織として昇華する必要があります。
まずは、青年会議所メンバーが意欲的に例会へ参加する意識の向上を図るために、私たちの生活や取り巻く環境に関わる身近な事案を取り入れた例会を開催することで、例会出席率の向上につながります。そして、自分の意見を人に伝える方法を学ぶために、講師を招き、学びを得たメンバー間で意見が飛び交うディスカッションを行うことで、失敗を恐れずに自ら挑戦する心を育むとともに、メンバー間の相互理解が深まります。さらに、日頃より私たちの活動を支えてくれる家族に青年会議所が展開する運動を深く知っていただくために、家族との大切な時間を共有することができる例会を開催することで、今後より良い運動を展開できる環境となります。また、和歌山市の文化や芸術の振興に寄与するために、アゼリア賞の支援と研究を行い、授賞者がより一層飛躍できるよう幅広く発信できる場をつくることで、和歌山市が文化や芸術のあふれる魅力あるまちへと変貌をとげるとともに、私たち自身の見識が深まります。そして、一年間の労をねぎらうために、笑い声の絶えない楽しい忘年会を企画することで、メンバー同士が一丸となり、次年度以降のより良い活動へとつながります。
私たちJAYCEE一人ひとりが、知識と経験に深みを持ち個々の能力を高め、和歌山青年会議所の存在意義を確固たるものにします。成長を遂げた若きリーダーとして「まち」を牽引し、地域に根ざし地域に必要とされる団体になった私たちが、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1. 例会の企画と運営
2. 2・8月定時総会懇親会の企画と運営
3. 歳末忘年会の企画と運営
4. 例会出席率向上への取り組み
5. アゼリア賞の支援と研究
6. その他

国際交流委員会


委員長 /西 畑 元 博
副委員長/松 田 紗 世
副委員長/宮 田 善 崇
副委員長/山 本 晴 輝
幹  事/伊 織 泰 葉
委  員/池 田 昌 大
委  員/今 村 哲 朗
委  員/上 畑 伸 次
委  員/重 藤 雅 之
委  員/堀 田 貴 章

委員長基本方針

近年、社会は急速なグローバル化に伴い、異なる文化が交錯し複雑化しています。和歌山市に住む私たちにも世界の情報が簡単に手に入るからこそ自国の文化を意識し、同時に異なる文化に対して先入観を持つこともあります。こんな時代だからこそ私たちは、積極的に異文化に携わり理解を深め、他国の文化を受け入れる必要があり、同時に他国の人々にも私たちの文化を受け入れ、関心を高めていただき、相互理解を深める必要があります。
まずは、私たち自身が異文化に溶け込み理解を深めるために、韓国議政府青年会議所公式訪問を通じて現地の文化・流行を直接感じることができる異文化交流をすることで、異文化への関心が高まり私たちの視野や価値観が広がります。そして、長きにわたり先輩諸氏が築き上げてきた韓国議政府青年会議所との友好関係をより強くするために、自国の文化への誇りを持って公式訪問団を受け入れ、歴史・祭事・スポーツなどへ参画・体験し、同じ視点から文化を感じてもらうことで、一体感が生まれるとともに仲間意識が強まり、この先にも続く友好関係がより確固たるものになります。さらに、先輩諸氏から代々引き継がれてきた香港沙田青年商會との確かな絆をより深めるために、香港沙田青年商會公式訪問団の受け入れでは、和歌山の文化や魅力を体感してもらい、互いに楽しみ交流することで、私たちの文化に溶け込み相互理解が図れ、JCの枠を超えた友好関係が築かれます。また、我が国が長年抱える北方領土問題を一刻も早く解決するために、北方領土返還要求運動に継続的に参画し、発信することで、より多くの人たちの当事者意識が高まります。
様々な媒体を介して世界中とつながり異文化を身近に感じる機会がさらに増します。多国の人たちと触れ合う中で互いの文化や価値観の違いを受け入れ、自ずとコミュニケーションが図れ、親交を深めた私たちが多文化共生のできる明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.韓国議政府青年会議所公式訪問の企画と運営
2.韓国議政府青年会議所公式訪問団受入の企画と運営
3.香港沙田青年商會公式訪問団受入の企画と運営
4.韓国釜山東萊青年会議所との交流
5.北方領土返還要求運動和歌山県民協議会への参加と協力
6.七夕まつりへの参加と協力
7.その他

会員拡大委員会


委員長 /玉 置 清 正
副委員長/土 屋   翼
副委員長/尾 藤 大 輔
副委員長/本 田 博 則
幹  事/橋 本 健 志
委  員/大 江 佐 和
委  員/鯨   真 生
委  員/新 里 浩 基
委  員/瀧 本   淳
委  員/長 木 壮 矢
委  員/西 田 志 穂
委  員/濱 田 匡 敏

委員長基本方針

我々が暮らす和歌山市は、急速かつ長期に渡る人口減少時代を迎えています。地方の過疎化や都市部への人口流出、市街地の空洞化現象などといった問題は多種多様化しており、ひとの活力や地域の活力が失われつつあります。今こそ、現状を打破しようとする強い意志や同じ志を持った我々が、ひとの未来、まちの未来を考え、希望に満ち溢れた活力みなぎる和歌山市を共に実現できる貴重な青年を、一人でも多く迎えいれる必要があります。
まずは、現役メンバーの会員拡大運動に対する参画意識を高めるために、拡大する意義や目的を学ぶことができる拡大セミナーを開催することで、会員拡大に対する機運が高まります。そして、我々の運動に共鳴する人材の情報を一人でも多く集めるために、我々の運動を幅広く記したパンフレットや紹介者カードを作成し、会員や各団体を通じて多くの方に配布することで、我々と協働する同志の獲得につながります。さらに、入会候補者に和歌山青年会議所の意義や目的を知ってもらうために、地域で活躍する一人ひとりが発信者となり積極的に関わり、規律ある団体であることを認識できる仮入会者説明会及び名刺交換会を開催することで、我々への理解と関心が深まります。また、仮入会者に青年会議所運動を共感してもらうために、わかりやすくまとめた映像や実際に参画できる体験型で、志高い我々の運動を伝えるオリエンテーションの企画と運営をすることで、入会への意思が確固たるものとなります。そして、個々の能力を高めるために、新入会員がリーダーとなり自らの意見を反映していく研修事業を行うことで、将来を担う人材へと成長します。
自らを「探究」し情熱を持った青年がまちの活力となり、希望に満ち溢れた魅力感じるまちへと発展します。困難なことを恐れなくなったひとが多種多様な価値観を受け入れ、個々の能力や知恵が増した我々が大きなうねりとなり、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.会員の拡大
2.拡大セミナー
3.入会式の企画と運営
4.研修事業の企画と運営
5.新入会員の研修
6.その他

会員開発委員会


委員長 /和 田 篤 樹
副委員長/野 嶋 いつか
副委員長/平 岡 正 至
副委員長/山 田 裕 之
幹  事/中 前 佳 苗
委  員/庵 田 靖 人
委  員/角 谷 吉 朗
委  員/谷 澤 輝 也
委  員/有 村   翼
委  員/池 下 雄 基
委  員/岩 﨑 光一郎
委  員/上 岡 勇 介
委  員/大 浦 正 嗣
委  員/大 島 聖 也
委  員/岡 本 哲 和
委  員/谷 口 竜 一
委  員/仲 西 雄 亮
委  員/西 村 茉 冬
委  員/橋 本 裕 史
委  員/濱 島   薫
委  員/松 原 翔 太
委  員/森 本 聖 矢
委  員/和 田 拓 馬

委員長基本方針

近年、和歌山市では高齢化、出産率の減少、若者の県外への流出などの人口減少の問題に直面しています。特に青年世代である若者の減少は地域活力低下の要因の一つであるとともに、様々な課題・問題を解決に導く人材の不足に直結していくと考えます。だからこそ我々は、率先して主体的に物事を考え、様々な課題の解決に向かって行動を起こし、そしてチャレンジ精神を持って和歌山市を牽引していくリーダーを育成する必要があります。
まずは、子供たちが心身ともに成長するために、伝統ある相撲を通じて礼節を学び、目の前の相手に果敢に立ち向かう精神を培い、楽しく参加できるわんぱく相撲を開催することで、次世代を担う人材育成の一助となります。そして、入会歴の浅いメンバーがリーダーシップを養うために、他を思いやり主体的に考え行動し、子供たちを先導することで、リーダーとして成長の一助となります。さらに、入会歴の浅いメンバーの結束力を高めるために、積極的にメンバーと関わり意見を交換し、想いを最大限に表現し楽しんで紀州おどりへ参加することで、チームワークの大切さを学び、強い絆が育まれます。また、我々が地域に根付く団体であることを理解してもらうために、メンバー全員が情熱をもって一体感を出し、楽しく足並みを揃えて50年以上の歴史がある紀州おどりに参加することで、地域の方々に私たちの想いが伝播され、一層賑わいあるまちのエネルギー源となります。そして、先輩方の想いや絆を現役メンバーへ引き継ぐために、卒業生との思い出を振り返り、想いを共有できる卒業式を催すことで、時代とともに成長していく組織となります。
自らが率先して先頭に立ち、何事にも恐れず課題にチャレンジする志を持った青年がまちの牽引役となり、様々な問題や課題に対し失敗を恐れずチャレンジ精神を持って勇猛果敢に立ち向かっていくリーダーとしての姿が伝播され、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.わんぱく相撲の企画と運営並びにわんぱく相撲和歌山県大会への参加
2.紀州おどりへの参加
3.わんぱく相撲全国大会への参加
4.卒業式の企画と運営
5.その他

地区大会準備委員会


委員長 /田 邊   武
副委員長/青 木 智 子
副委員長/小 野 託 摩
副委員長/東   紘 資
幹  事/島 本 和 典
委  員/石 井 勇 気
委  員/加 藤 隆 志
委  員/嵜 中 裕 児
委  員/谷 村 和 俊
委  員/村 畑 圭 悟

委員長基本方針

和歌山青年会議所が誕生し62年、見違えるように豊かな住環境に変貌を遂げた私たちの住み暮らす和歌山の地で2020年に近畿地区大会和歌山大会を迎えます。開催にあたり現役会員の絆を深め強い結束力と行動力が求められます。長年に渡り和歌山青年会議所を支えてこられた特別会員、そして近畿地区協議会と私たちが連携を図り、来るべく近畿地区大会和歌山大会に向けて最大限の準備をし、2020年に最高のバトンをつなぐことが私たちの使命です。
まずは、本年度の運動方針を関係諸団体に広く知っていただくために、意志の統一を図る新春交歓会を行うことで、会員一人ひとりのベクトルを合わせ運動への気運が高まります。そして、長年に渡り和歌山青年会議所の歴史を積み重ねて来られたシニア・クラブと現役会員の一体感を強めるために、学びの機会を得ることのできる交流事業及び合同懇親会を開催することで、現役会員一人ひとりが成長し世代を超えたつながりが強固な組織基盤が確立されます。さらに、和歌山青年会議所全体の士気を高めるために、新体制となるメンバーの絆を深め、メンバーが心から楽しめる京都会議LOMナイト、卒業生の想いを次代へと引き継ぐ心温まる全国大会LOMナイトの企画と運営をすることで、出向の意義やメンバー同士が支え合うことの重要性、自分達が次代へつなげていく方向性を理解し、今後の運動が大輪の花を咲かせる一助となります。また、近畿地区大会和歌山大会を成功へと導くために、主管青年会議所として、愛してやまない和歌山市の歴史や文化、輝く魅力を発信し、近畿地区協議会との連携を図り親睦を深めることで、2020年近畿地区大会和歌山大会に向け進むべき方向性が明確となります。
自らを「探究」し個の意識を高め、志高きJAYCEEへと成長した私たち青年がこれまで以上に揺るぎなく、「ひと」を想い、「まち」を牽引する強固な組織が形成されて、和歌山青年会議所が「まち」にとって真に必要とされる団体となり、明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.地区大会に向けての準備
2.新春交歓会の企画と運営
3.シニア・クラブとの合同例会・懇親会の企画と運営
4.JCカップ U11少年少女サッカー大会への協力その他
5.京都会議と全国大会のLOMナイトの設営
6.その他

ひととひとを結ぶまちづくり委員会


委員長 /瀧 本 拓 起
副委員長/島 村 奈 菜
副委員長/仙 石 雄 嗣
幹  事/遠 藤 純二郎
委  員/上 野 真 弘
委  員/加 納 尚 子
委  員/木 下 智 史
委  員/重 根 一 真
委  員/西 川 信 也
委  員/宮 木 崇 裕

委員長基本方針

和歌山市は産業衰退、人口減少等多くの問題を抱えています。そんなまちに危機感を抱き、このまちを良くしたいという想いをもって活動している団体が多く存在します。その活動は多種多様で、独自の形でまちを照らしています。しかし、こうした活動もうまく機能していなければまちにとって大きな損失となってしまいます。まちの魅力を最大限に引き出せる組織として60年以上積み上げてきた実績を有し運動を展開する私たちが先駆的なまちづくりを構築することが必要です。
まずは、多様な取り組みの親和性を見出し団体間の相乗効果を生む仕組みを創造するために、和歌山市の活性化に取り組む行政や団体、あるいは地域の若者と関連のある諸団体と情報交換を行うことで、諸団体の設立に至る想いや歴史、活動への理解が深まります。そして、私たちの運動を周知するために、他団体の取り組みや脈々と続く祭事へも積極的に参加し、団体の枠組みを超えた円滑な連携関係を築き、地域貢献と地域における架け橋となる契機を創出することで、60年以上続く私たちの和歌山青年会議所運動が広く発信されます。さらに、私たちの運動がまちを牽引しまちに必要とされるために、まちを想う諸団体が結びつき、それぞれの魅力が輝き、互いを想い笑顔にしようとする活力がまちを照らす事業を実施することで、まちの発展に向けた新たな可能性を生みだされ、挑戦を恐れないまちへの変革につながります。また、私たちが地域を牽引するリーダーとなるために、できることではなく、しなければいけないことを探し続け情熱を持って運動を発信することで、心奮わせる瞬間や多くの気づきを得て「ひと」を想い先駆する青年へと変革します。
和歌山青年会議所が、変わらぬ信念を持ち続ける強さと、時代に則した行動ができるしなやかさをもつ組織へと成長を遂げ、「ひと」を想い、皆の笑顔を想い浮かべ挑戦を恐れることなく探究し続ける地域のリーダーとしてまちを先駆し、未来を照らす光となって明るい豊かな和歌山を創造します。

事業計画

1.ひととひとを結ぶまちづくり事業の企画と運営
2.子どもなかよしまつりへの参加
3.ラブリバー推進協議会への協力
4.献血活動
5.和歌山諸団体情報連絡協議会への協力
6.災害支援
7.和歌山市青年団体協議会・和歌山市青少年育成市民会議への参加と協力
8.その他

©  一般社団法人和歌山青年会議所 All Rights Reserved.
PAGE TOP