60周年記念式典委員会

委員長

青木 智子

副委員長

田伏 宏行

辻本 大介

藤井 郁久

 

幹事

山本 晴輝

 

委員

石川 翔

上田 新悟

角谷 さやか

毛満 勝彦

園田 信吾

西中 盛敏

原 慶介

福住 浩子

藤田 隼輝

松阪 考

松本 彰啓

委員長基本方針

 

 1957年、全国で133番目の青年会議所として産声をあげた和歌山青年会議所は、本年創立60周年という記念すべき年を迎えます。永い年月をかけて多くの先輩諸氏の熱い想いで築き上げてきたこの組織の歴史と伝統を礎に、60年という節目を良い契機として会員一人ひとりが未来を見据え、高い志と熱い想いを胸に、一致団結し、地域にとってより一層必要不可欠な組織となり、明るい豊かな和歌山の実現に向け、行動していく必要があります。

まずは、地域から信頼され必要な組織であり続けるために、日頃からご支援頂いている関係諸団体の皆様とともに新春を祝し、理事長の熱い想いと各委員長の事業計画を伝えることで、明るい豊かな和歌山の実現に向け気運を高めます。そして、私たち現役会員が先輩諸氏の情熱と想いを継承するために、青年会議所運動の原点を再認識し、60周年のテーマである「つなごう絆 つくろう未来」を通じて軌跡を振り返ることで、次世代の活動へとつなげます。さらに、現役会員が特別会員並びに関係諸団体のご来賓の皆様と深い交流を図るために、和歌山市の地域資源の魅力を発信できる華やかな設えとおもてなしの心を持ち感謝の意を表すことで、組織の力強さを示し、良循環な機会を構築します。また、先人が築いてきた道を次世代に引き継ぐために、51周年から60周年を中心にJC活動の歩みを集約し、時代とともに運動がどのように変化してきたのかを深く理解することで、地域の明るい未来の糧となるJC活動の礎とします。そして、私たちの存在価値を高めるために、過去に熱意を持って取り組んできた事業を褒賞に申請し、我々の事業を各地青年会議所に広く伝播することで、団結力が強まり、さらなる運動発信の活力となります。

60周年を終え、地域から必要不可欠な組織として認められ、自覚を持ち意識の向上した私たちが、時代に即した決断力・行動力に溢れた青年経済人となり、強固な組織を築き上げ和歌山青年会議所の存在価値を高め、地域や地域市民とともに笑顔溢れる和歌山を創造します。

 

 

 

[ 事業計画 ]

1.60周年記念式典と懇親会の企画と運営

2.60周年記念誌の発刊

3.新春交歓会の企画と運営

4.褒賞の申請及び関連作業

5.その他

 

一般社団法人 和歌山青年会議所

〒640-8227

和歌山市西汀丁36番地(和歌山市商工会議所5階)

TEL:073-428-3334(代表)

/FAX:073-431-1693