国際交流委員会

委員長

本田 博則

副委員長

髙瀬 睦信

永井 宏一郎

尾藤 大輔

 

幹事

清水 啓太

 

委員

榎本 任志

小野 託摩

木谷 洋輔

佐倉 浩徳

谷村 和俊

西 良平

東 紘資

山西 裕也

委員長基本方針

 

 国際交流において、歴史や文化、言語の違いから価値観の違う者同士が自分の価値観や意思ばかりを優先し心の通ったコミュニケーションが図れず、誤解や語弊が生じ、国家間の問題にまで支障をきたしている現状があります。我々青年経済人は市民を代表するリーダーとして、受け継がれてきたつながりを元に、互いの文化を理解し多様な価値観を受け入れた上で、互いに意思を尊重し心ある態度で向き合い、国境を越えた友情と絆を育んでいく必要があります。

まずは、我々の先輩諸氏が長きにわたり築き上げてきた姉妹JCである韓国議政府青年会議所との友情を強固なものとするために、韓国の文化、伝統の実情に触れることができる公式訪問を行うことで、柔軟な視野と相手を尊重する心が養われるとともに、日本の特質について再認識します。そして、今後さらに強く韓国議政府青年会議所との相互理解を深めるために、日本人の心をもって公式訪問団を受け入れ、同じ時代を生きる韓国議政府青年会議所メンバーに和歌山市の歴史、文化、伝統に触れ、このまちをもっと深く知ってもらうことで、強固な姉妹JC締結の継続につながります。さらに、我々の先輩諸氏より引き継いだ姉妹JCである香港沙田青年商會との深い絆を継続させるために、未来に向けた共同事業について双方の気持ちを語り合い確認し、共通の目的を持つ香港沙田青年商會公式訪問団公式訪問団受入を行うことで、日本人の固定観念を超えた発想や考え方を学びます。また、我が国が抱える領土領海問題を一刻も早く解消するために、我々和歌山青年会議所が北方領土返還要求運動を継続して発信し続けることで、一人でも多くの人の当事者意識を醸成します。

言語や歴史、国籍の違いを乗り越えた真の友情と絆はあらゆる問題解決の架け橋となり地域に希望と安らぎを与え、多種多様な価値観を受け入れ、他を慮る日本人の心と一徳一心の気概を備えた我々の運動は広く地域の人々に波及し、笑顔溢れる和歌山を創造します。 

 

 

[ 事業計画 ]

1.韓国議政府青年会議所公式訪問の企画と運営

2.韓国議政府青年会議所公式訪問団受入の企画と運営

3.香港沙田青年商會公式訪問団受入の企画と運営

4.韓国釜山東萊青年会議所との交流

5.ラブリバー推進協議会への協力

6.七夕まつりへの協力

7.北方領土返還要求運動

8.その他

 

 

 

一般社団法人 和歌山青年会議所

〒640-8227

和歌山市西汀丁36番地(和歌山市商工会議所5階)

TEL:073-428-3334(代表)

/FAX:073-431-1693